歯科でしっかり治す虫歯や歯並び|歯医者さんでHighな気分に

dentist

歯並びを改善する

「虫歯予防」だけではない、子供の口中トラブル

teeth

「歯」に対する意識が高まる今日、「歯並び」の重要性が認められるようになってきました。しかし、「子供の歯並び」については、さほど重要視されていない状況が続いています。 子供の「歯の健康」には虫歯さえなければ良い、という考えが広く普及していました。学校の歯科検診でも、「虫歯の有無」を調べることだけに重点が置かれていたのです。噛み合わせや歯列については、特別な注意喚起は無いに等しい状況でした。 その結果、近年では「虫歯」をもつ児童が減少しています。虫歯予防に重点を置いてきた方法が、功をなしているのです。しかし一方で、「歯並びの悪い」子供達が増えています。顎が十分に発達せず、不正咬口の子供が増加しているのです。 今日では、「歯並びの異常」などが検診時に分かった場合、家族に治療を進めるケースが増えてきました。しかし、実際に「矯正歯科」で治療を受ける方は、少数派です。「矯正歯科」治療は大人になってからで良いと、考える風潮が根強いということも一因でしょう。しかし、矯正歯科治療は、児童期に受けるのが最適なのです。子供の「矯正歯科」治療の重要性が認められ、広く普及することが課題の1つと言えるでしょう。

早い時期での矯正歯科治療

「正しい噛み合わせ」を得ることは、非常に重要なことです。歯並びの異常から引き起こされる様々なトラブルも、今日では多く解明されています。特に、子供の「歯並びの良し悪し」は、その後の健康状態にも大きく影響を与えるので、注意が必要となります。 従来、子供の矯正歯科での治療とは、永久歯がすべて生え揃った時に、矯正装置を取り付けて行なわれます。しかし近年では、もっと早い段階で「矯正歯科」に通うことが必要であると言われています。具体的には乳歯が抜け始め、最初の永久歯が生えた頃です。この時期に検査を受け適切な治療を受けることで、今後の治療が比較的簡単に済むことがあるのです。 子供の歯並びの重要性は、少しずつ認識され浸透しています。今後は、より早い時期に「矯正歯科」で治療をうける子供が増えてくると考えられています。